HOME 地圏科学領域 地震工学領域 構造工学領域 流体科学領域 バックエンド研究センター
  研究所のご案内
    所長ごあいさつ
    地球工学研究所とは
    沿革
    組織図
    要員・研究テーマ
    アクセスマップ
     
  保有する技術・設備
  知財
  研究成果
  広報刊行物・イベント
  環境方針
     
     
 
   
  HOME>研究所のご案内/組織図
  組織図
  (クリックすると各研究所のサイトへジャンプします。)
  組織図社会経済研究所 ヒューマンファクター研究センター システム技術研究所 放射線安全研究センター 原子力技術研究所 環境科学研究所 大電力試験所 電力技術研究所 エネルギー技術研究所 PDセンター 塩原実験場 材料科学研究所 赤城試験センター 原子力リスク研究センター エネルギーイノベーション創発センター
 
   
地球工学研究所 (クリックするとそれぞれの部署のページへジャンプします。)
地圏科学領域 地質調査、活断層調査、物理探査、岩盤の調査・試験、地下水調査などによる構造物の基礎地盤や地下深部の評価技術を電力施設をはじめ構造物の立地、調査、建設、保守などに関する研究開発を進めています。
 
 
地震工学領域 地球・社会基盤における地震・地震動評価、地震ハザード評価に関する研究、ならびに地盤・構造物の安定性評価、耐震性能評価、確率論的安全性評価に関する研究、免震・制震技術など、地震工学に係わる要素技術、応用技術の開発研究を展開しています。 さらに、対象構造物に応じた災害リスク評価、リスクコントロール技術、リスクコミュニケーションを通じて地震災害軽減及びメンテナンスへ貢献すべく研究を実施しています。
 
 
構造工学領域 鋼ならびに鉄筋コンクリート製電力構造物の外的な荷重・環境作用に対する応答挙動解析・安全性評価手法、既設構造物の維持管理手法・余寿命評価手法・遠隔モニタリング技術、非破壊検査技術、新しいコンクリート材料、ナノテクノロジーを応用した建設材料の長期性能評価手法などの開発を行っています。
   
流体科学領域 電力施設の海岸構造物やダム・水路構造物の合理化設計に関する実験・解析・評価、使用済み燃料貯蔵や発電所プラント等の熱流動現象の解明・評価、ならびに波浪・津波や暴風雨・豪雪なその自然現象の予測手法の開発と災害軽減のための研究を行っています。
   
バックエンド研究センター 高レベルおよび低レベルの放射性廃棄物地中処分、原子炉解体廃棄物の処分・再利用、使用済み燃料の輸送・貯蔵など、原子燃料サイクルバックエンドに関する研究を行っています。