HOME 地圏科学領域 地震工学領域 構造工学領域 流体科学領域 バックエンド研究センター
  概要
  お知らせ
  研究内容
  研究設備
  ソフトウェア
  サイトマップ
 
   
  HOME>流体科学領域>概要
  流体科学領域
  流体科学領域では、風雪や津波などの自然災害が電力施設(発電所・送電設備など)に及ぼす影響を予測し、これを軽減させるための方策を立案するために、また水力・風力・原子力発電等での流体関連技術の開発・向上に貢献するために、流体科学に関する基礎的技術と応用的技術を研究開発しています。
   
  ■ 各課題で対象とする現象は、下図に示すようにスケールが大きく異なり、また、流体運動以外の熱・相変化・土砂混合・構造物・液面が連成する場合が多くあります。私たちは、このようなマルチスケール・マルチフィジクスの現象解明に必要な数値解析技術・観測技術・実験技術を研究開発し、流体現象に係る課題解決に取り組んでいます。