エネルギー技術研究所

HOME > 研究所紹介 > 研究領域

研究領域

火力運用保守領域

電力の安定供給を支える既設火力発電設備(ボイラ、ガスタービン、環境対策設備など)に対する効率的な運用・保守に向けた研究・開発を行っています。

  • ボイラ伝熱面管理、硬質クリンカ対策技術
  • 燃料種の拡大技術
  • ガスタービンの保守管理技術
  • 微量物質排出制御技術、環境規制対応 など

次世代火力発電領域

国プロ等により開発が進められている次世代IGCCやAHAT、再生可能エネルギーの大量導入時代を見据えた急速負荷変動対応技術など、次世代火力発電技術に関する研究・開発を行っています。

  • プラントシステムの解析
  • 次世代IGCC技術の研究・開発(伝熱流動、反応工学、燃焼、粉体工学、電気化学)
  • 発電プラント動特性解析技術の確立
  • 系統計画・運用対応技術の調査  など

エネルギープラットフォーム創生領域

地熱、バイオマスなどの再エネ、燃料電池、エネルギー貯蔵などの新エネおよびこれらを組み合わせ、環境と調和した新しいエネルギーシステムに関する研究・開発を行っています。

  • エネルギーシステム性能評価
  • 燃料電池の性能評価、解析
  • バイオマス炭化・ガス化
  • エネルギー貯蔵 など
Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry